債権回収は弁護士に相談

お金を貸したのに全然返済されないことや、商品を売ったのに全く代金を支払ってもらえないことなど、財産上のトラブルに見舞われている方はどのようにその問題を解決できるでしょうか。

まず思い浮かぶのは当事者間の話し合いかもしれません。確かにお金の貸し借りや物の売買は当事者が一番よく知っていますし、話し合いもスムーズにいくと思われるでしょう。しかし、実際のところはそううまくいかないケースも少なくないようです。友人にお金を貸したような場合は、それほど悪質に借りた額を踏み倒そうとする人はいないかもしれませんが、なんとなく話が流れてしまい結局返済が一向に進まないことや、商売の相手への取り立てとなるとこれまでの付き合いや今後の関係性など単純に債権回収の事だけを考えればいよいという状況にいかない場合もあるでしょう。

とはいえ、債権を回収できないと自分にとって大きな損失となりますし、長引けば長引くほど回収は難しくなることがほとんどです。こうした債権回収の落とし穴を避けるために弁護士に相談するのはいかがでしょうか。弁護士という第三者を挟むと、最初から説明しなければいけないことや、双方のやり取りの整合性をとるための証拠集めなど、面倒なことが多くなり気が引けるという方もおられるでしょう。しかし、実際のところ弁護士に始めから相談しておいた方が問題を早期に解決することができますし、債権者の権利を法的にも保護できるため確実な債権回収が期待できます。