交渉のプロにおまかせ

あれこれと悩んでいるなら、すぐに弁護士に相談したほうが良いでしょう。原則として、弁護士と直接面会して事情を説明することが必要です。事情というのは、債権がなぜ発生したのかという経緯や、返済についてどのような計画がなされており、債権発生の際にお互いがそのことを認識していたか、またその時点までの債務者の支払い状況などを詳しく説明することになります。

こうした事柄を整理して弁護士は第三者の視線と法的な知識から最善の策を考えます。ですから、もし相談に行くことをお考えの場合には自分の中でも物事の進展を思い出し、できるだけ正確かつ詳細に語れるように準備を進めておくとよいでしょう。

弁護士は主観ではなく証拠に基づく裏付けを大切にします。そのため相談に行く際には、債務者とのこれまでに行ったメールのやり取りなども証拠として提出することができるように準備しておくとスムーズでしょう。もしも自分では証拠として使えるのかどうかわかならないものがあったとしても、思いつくものや集められるものはすべて集めて相談に行くと思わぬものが証拠として使えることもあるかもしれません。そのようにしっかりとした裏付けの下で弁護士は法的な手段も視野に入れながら債務者との話し合いを進めていくことになります。